2021年新作のムーンフェイズを手に入れたい方は、こちらをご覧ください

2021年新作のムーンフェイズを手に入れたい方は、こちらをご覧ください

個人的には、ムーンフェイズウォッチは、1インチ四方に配置された広大な星の海であり、天体の驚異を手首に完璧に反映させる繊細な機械設計であると考えています。 今日に至るまで、ムーンフェイズ機能の実用性はほとんどないと言ってよい。しかし、月に強い愛着を持つ人々にとって、ムーンフェイズ時計は伝統文化や祝祭感情を秘めたロマンチックな存在なのである。 ムーンフェイズといえば、ジャガー・ルクルトやブランパン、グラスヒュッテなどのハイブランドを思い浮かべると思いますが、これらのブランドのムーンフェイズ時計は、価格も手が届かない人が多いのではないでしょうか。

シチズン エコ・ドライブ ワンシリーズ ムーンフェイズ

2016年、シチズンはバーゼルワールドで「エコ・ドライブ ワン」コレクションを発表し、ケース厚をわずか2.98mmに抑えた、究極の超薄型光発電時計としました。 また、このコレクションは、スリムで快適な使い心地にも注目されました。 2021年半ば、シチズンはムーンフェイズとクロノグラフのコンプリケーションを組み合わせた同シリーズを、極端に薄くはないが重すぎない10mmの厚さで発売した。

カラーバリエーションは、ダークブルー文字盤にステンレススチールブレスレット、ホワイト文字盤にインターゴールドステンレススチールブレスレット、ブラック文字盤にカーフスキンストラップの3種類を用意しました。 3モデルとも、合成サファイアガラスとステンレススチールのケースを採用。 時計の直径は42mmですが、ケースの厚さは10mmで、快適な装着感を実現しています。

文字盤の6時位置には、星の中に黄色い月が配置されたムーンフェイズ表示があり、とても見やすく、ロマンチックなデザインになっています。 人工光や自然光(あるいは微弱な光源)を利用して時計を動かすのに必要な動力を供給する光発電ムーブメントを搭載し、フル充電すれば最長180日間使用できるなど、利便性とお手入れのしやすさに配慮したモデルとなっています。

レイモンド・ワイル メンズウォッチ クラシックマスター ムーンフェイズ

貴重な素材の使用と高級時計製造に力を注ぐ数少ないスイスの家族経営ブランドであるレイモンド・ヴァイルの時計は、純粋なスイス時計製造であり、ケースの仕上げや内部のムーブメントの研磨方法にも、このブランドの新しいクオリティを見ることができます。 50年弱の歴史を持つブランドでありながら、ここまで発展してきたのは、その強さの証と言えるでしょう。

“職場に入った記念に特別な時計を” レイモンド・ヴァイルは、中国ではティソやロンジンに比べて知名度が低いかもしれませんが、その分、ニッチでぶつかりにくく、記念品として使う意味がより一層高まっているように思います。 ケースはステンレススチール製で、直径39mm、厚さ9.8mmと、適度な大きさと薄さで着け心地の良い時計に仕上がっています。

洗練された上品なシルバーの文字盤には波模様が施され、それを取り囲むようにブラックのローマインデックスが織り込まれ、洗練された印象を与えています。 文字盤の6時位置には、魅惑的な夜空をさりげなく表現したムーンフェイズ窓があります。

シースルーのケースバックからは、自動巻きメカニカルムーブメントRW4280が見えます。このムーブメントは、完全に巻き上げると38時間のパワーリザーブを発揮し、50m防水と日常の着用には十分すぎるほどの防水性を備えています。 ブランドらしさが際立つニッチなムーンフェイズウォッチをお探しなら、このレイモンド・ヴァイルのムーンフェイズウォッチをご覧になってみてください。

エメトロン レモント ムーンフェイズ

エミロンは、スイスの時計ブランドですが、中国での歴史が比較的浅いため、あまり知られていません。 しかし、このブランドは時計製造の技術が高く、価格性能比も高いので、手頃な値段で購入できる。 ジュネーブに位置するレマン湖は、ジュネーブの人々のリラックスしたライフスタイルを表現した「エミロン・レマン」コレクションのデザインにインスピレーションを与えたものです。 2021年初頭、「Lemon」コレクションにムーンフェイズ搭載の時計が2本登場するので、ムーンフェイズ搭載のフォーマルウォッチをお探しの方は、検討してみてはいかがでしょうか。

このレモン・ムーンフェイズウォッチは、クラシカルな大型3針デザインで、6時位置の文字盤上にはムーンフェイズ表示窓があり、深いブルーの星空に黄金の星と明るい月が映り、神秘的な雰囲気を醸し出しています。 クラシックな3針のデザインに、ロマンチックなムーンフェイズは、私の考える完璧なフォーマルウォッチです。

ステンレススチール製で、ケース径は40mmと、装着に負担のかからないゴールドサイズです。 ホワイトの文字盤にブルーのアレイを施し、非常にクリーンで爽やかな印象に仕上げ、文字盤の3時位置には日付窓を設け、実用性を高めています。

サファイアガラスのシースルー裏蓋からは、COSC認定クロノメーターである自動巻きムーブメントを搭載し、完全に巻き上げると42時間のパワーリザーブと30m防水を実現しています。

UCLAN BELISAR スケルトンディスクムーンフェイズクロノグラフ

2021年初頭、UCLはBelisar Moonphase Chronographコレクションの新モデルとして、Belisar Skeleton Dial Moonphase Chronograph (Meteorite Grey / Obsidian)を発表します。 クラシックとモダンが融合し、メカの美学をスタイリッシュに解釈した新モデルは、非常にコストパフォーマンスが高く、店頭で完売する結果となりました。

この時計で最も驚いたのは、複雑なムーンフェイズ表示に加え、クロノグラフ、日付、曜日、月表示などの便利な機能を搭載し、複雑機構への期待に応えた実力派であることです。 3万円を切る価格で、優れたコストパフォーマンスを実現しています。

文字盤はスケルトン仕様で、ハニカムグリッドデザインにより内部のムーブメントを隠すことができ、よりミステリアスな魅力を放っています。44mmは手首の大きな方にも最適なサイズで、スーツを着たチンピラのような存在感です。 サファイアガラスのケースバックからは、最大60時間のパワーリザーブを備え、シリコンフィラメントによって耐磁性が向上し、より正確で安定した計時が可能になった完全機械式ムーブメントUNG-25.S1の魅力をご覧いただけます。100m防水も時計の実用性を高めています。

ボーム&メルシエ クリフトン ボーマティック デイデイト&ムーンフェイズ 10654

2021年、ボーム&メルシエは、デザインにおいても色彩においても大胆な色使いを行い、伝統と現代の美学を融合させ、21年前から流行しているグリーンカラーはもちろん、認知度の高いカラーモデルを多数発表しました。 クリフトン」コレクションの「デイ・デイト/マンス・フェーズ」ウォッチは、緑豊かな自然の壮大さをたたえ、一目でそれとわかる躍動的なスタイルを実現しています。

この時計は、現代的な曲線デザインの直径42mmのスチール製ケースに収められています。 ラッカー仕上げのグラデーショングリーン文字盤は、思わず没頭してしまうほど印象的です。 文字盤の6時位置には、スモーキーなサファイアクリスタルを通して月の満ち欠けを鮮やかに浮かび上がらせる、ラッカー仕上げのブラックロジウムメッキのディスクと日付を示す針を備えたムーンフェイズインジケーターが配されています。 よりシンメトリーな美しさを演出するために、12時位置に曜日表示を配置しました。

シースルーケースバックから見えるバウマティック社製の自動巻きムーブメントを搭載しています。 このムーブメントは、最大120時間のパワーリザーブを実現し、非常に誠実な印象を与えます。 個人的には、価値とコストパフォーマンスの両面で良い時計だと思いますが、まだ公式サイトでは販売されていないので、時計好きの方はもっと注目してみてはいかがでしょうか。

結論から言うと、ムーンフェイズ機能は常に時計職人や時計愛好家の心の中にあるアートを表現するものでした。 上記の5本は、3,000円から40,000円の価格帯ですが、同価格帯の中では、かなりコストパフォーマンスの高い時計です。

1,000ドルのダイバーズウォッチ「レインボーリング」。 新しいデザインで

1,000ドルのダイバーズウォッチ「レインボーリング」。 新しいデザインで

アフォーダブル・ダイビングの世界をリードするメーカー、ミドーから、パイロット・ウォッチ・コレクションに待望の「レインボーサークル」限定モデルが再び登場しました。 前作に比べ、いくつかのデザイン変更が施されています。カラーリングはより鮮やかで個性的なものとなり、パイロット・ウォッチ “レインボーリング “の限定版は、1000ドルという価格帯のダイバーズウォッチとして高い認知度を獲得しています。 他とは一線を画している。 詳細はこちら (Ref. M026.807.11.031.00)

時計は実物を見せています

ケースはステンレススチール製で、側面はポリッシュ仕上げ、直径は40.5mmです。

パイロット・ウォッチ “レインボーリング” リミテッドエディション」の文字盤は、よりプロトタイプに近く、シルバーホワイトの色調とレイクブルーのベゼルが、非常に個性的で新鮮なレトロルックを演出しています。

12時位置のベゼルには、夜光塗料を塗布したビーズを採用

水中でダイバーを守るレイクブルーのダイビングベゼルをよりモダンでスタイリッシュにし、滑りにくいギアピットパターンの盛り上げで扱いやすくしています。

ボックス型のサファイアクリスタルは、傷や摩耗に強く、強いヴィンテージの美しさを醸し出しています

サイドのねじ込み式リューズにより、防水性を高めています

この時計の最大の特徴は、文字盤のカラーリングで、「レインボーリング」の呼称が与えられています。 このデザインは、時計の認知度を高めるだけでなく、水中で作業する人にとって非常に便利な補助となります。水深6mごとに減圧レベルが設定され、4色の円は、25~29mがイエロー、30~34mがグリーン、35~39mがピンク、40~44mがブルーと、4段階のダイビングレベルを表わします。 潜水前に夜光分針を12時位置まで回すと、水中で文字盤を素早く読み取ることができます。

日付表示窓

夜間の視認性を確保するため、ミドーは虹色に光る4つのリングインデックスに対応する夜光インデックスと、分針と時針にも夜光処理を施し、海の暗闇の中でも時刻を読み取ることができるようにしました。

また、このパイロット・ウォッチの限定モデル「レインボーリング」は、サテン仕上げのステンレススチール製ミラネーゼ・ウーブン・ストラップ、レイクブルーのファブリック風レザーストラップ、ライトブラウンのレザーストラップの3種類の素材とデザインで、ファンが服装やシーンに合わせて選ぶことができるようになっています。

底面にはシーリングが施され、ケースバックにはコレクションの特徴であるポリッシュ仕上げのヒトデのモチーフが刻まれています。 内部には毎時21,600振動の完全自動巻きムーブメント、コート・ド・ジュネーブ仕上げとMIDOのロゴが入った自動巻きローターを搭載し、完全に巻き上げた状態で最大80時間のパワーリザーブを実現しています。 200m防水を備えています。

概要:「ミドー パイロットウォッチ “レインボーサークル” レプリカ限定版」は、発売以来、国内外の時計愛好家の注目を集め、発売と同時に即座に完売しています。

アンティークな外観、現代の技術、オメガ スピードマスター 57

アンティークな外観、現代の技術、オメガ スピードマスター 57

オメガによる321手巻きクロノグラフムーブメント「スピードマスター」の生産再開から、3代目「スピードマスター スヌーピー」に至るまで。 過去2年間、オメガ スピードマスターは、間違いなく市場で最もホットで話題の腕時計の一つでした。 特に3代目のスピードマスター・スヌーピーは、非常に多くのプレイヤーから注文があった。

オメガ スピードマスター 57

とはいえ、私も古参のプレーヤーと言われています。 でも、いつも流行を追うわけではなく、自分の興味に合わせて時計を買うので、たまにはニッチなモデルも買いますよ。 ヴィンテージのスピードマスターの要素と、最新のスピードマスターのムーブメント技術が融合しているということで、この時計を購入しました。

オメガ スピードマスター 57

現在、市場に出回っているスピードマスターは、大きく分けて2つのブランチがあります。

1.オメガの手巻きクロノグラフムーブメント1861と3861を主に使用し、一部のハイエンドモデルには手巻きムーブメント321を使用した手巻きスピードマスター。 歴史的遺産とヒストリカル要素をメインスタイルとしたマニュアル・スピードマスター。 代表的なモデル:1861手動月面着陸スピードマスター、321手動月面着陸スピードマスター、スピードマスタースヌーピー、CK2998など。

オメガ 第3世代スピードマスター スヌーピー(左)、オメガ スピードマスター CK2998(右)

2.オメガの自動巻きクロノグラフムーブメント9300、9900を主軸とした自動巻きスピードマスター。 オメガの最新ムーブメント技術と現代的な機能をメインスタイルとした自動巻きのスピードマスター。 代表モデル:ダークサイド オブ ザ ムーン 9300、グレー オブ ザ ムーン 9300、ライト オブ ザ ムーン 9300、スピードマスター ムーンフェイズ 9900、スピードマスター レーサー クロノグラフ 9900、など。

オメガ スピードマスター ダークサイド オブ ザ ムーン 9300(左)、スピードマスター ムーンフェイズ 9900(右)

しかし、このスピードマスター57は、オメガの最新ムーブメント技術を代表すると言われる自動巻きクロノグラフムーブメント9300を搭載しながら、1957年のヴィンテージスピードマスターのデザインを採用している、非常にユニークなスピードマスターです、以下、詳しく見ていきましょう。

1957年の史上初のスピードマスターのデザインを使用した「スピードマスター57」。

オメガに詳しいプレイヤーは、1957年がオメガにとって非常に重要な年であったことをご存じでしょう。 オメガの3大プロフェッショナル・コレクションであるシーマスター、スピードマスター、アイアンマスターは、いずれも1957年に誕生した(なお、ここでいうシーマスターは、1948年に始まった通常のシーマスターを除くプロフェッショナルダイバーズウォッチのことである)。

オメガ 1957年、史上初のスピードマスター・クロノグラフの世代。

このように、1957年の史上初のスピードマスターは、いくつかのユニークな特徴を持っていました。

1.ブロードソード針の採用、時計の時針は大きな「矢」の形をしており、「ブロードソード」と呼ばれています。

2.リューズ、クロノグラフのプッシャー、ショルダーガードの非搭載。

3.現代のオメガは通常「ツイストラグ」(表面にねじれがあるラグ)を採用していますが、この時計のラグは「ストレートラグ」(表面にねじれのないポリッシュ仕上げのラグ)です。

1957年の初代スピードマスター(左)とスピードマスター57(右)を比較すると、スピードマスター57はその歴史の一部を受け継いでいることが分かります。

1957年の歴史的な初代スピードマスターの3つの特徴を見たところで、次にスピードマスター57に搭載されているヒストリカルな要素を見てみましょう。 また、オメガが販売する「スピードマスター57」は、現在のスピードマスターが通常「スティックハンド」を採用しているのに対し、「ブロードソードハンド」を採用しています。さらに、現代のスピードマスターは通常ショルダーガードを備えていますが、リューズとクロノグラフプッシャーショルダーガードを欠いており、「スピードマスター57 も「ストレートラグ」を採用しています。

オメガ スピードマスター 57

針やインデックスに施された夜光塗料、文字盤の文字や6時位置のカレンダーは、黄ばんだようなエイジドカラーで統一されています。 ヴィンテージウォッチによく見られるボックス型の盛り上がったクリスタルを使用していることと合わせて、時計全体が非常にヴィンテージ感のある仕上がりになっています。 2眼式クロノグラフの文字盤にはレコードパターンが施され、細部までこだわっています。

オメガ スピードマスター 57

スピードマスター57は、ボックス型クリスタルが盛り上がっている。

スピードマスター57、スチール製ケース、スチール製ベゼル、サイズ41.5mm。 スピードマスター57は、オメガ スピードマスター コレクションの中でも比較的小さいサイズです(メンズモデルの中で)。 通常、クロノグラフムーブメント9300/9900を搭載する自動巻きスピードマスターのサイズは44mm(具体的には44.25mm)、クロノグラフムーブメント1861/3861を搭載する手巻きスピードマスターのサイズは主に42mm(321月のスピードマスターやCK2998などの個別モデルでは39.7mm)である。 9300/9900の自動巻きスピードマスターの中で、スピードマスター57は最も小型で、国民の腕に優しい41.5サイズ(100m防水)です。

オメガ スピードマスター 57

オメガ スピードマスター 57、オメガ 9300 クロノグラフムーブメント搭載。9300は、2011年に発表されたオメガのメイン自動巻きクロノグラフムーブメントで、独自のコーアクシャル・エスケープメント技術をベースにオメガが特別に開発した新世代の自動巻きクロノグラフムーブメントです。9300ムーブメントは、Si14シリコン製ヒゲゼンマイ、垂直クラッチおよびコラムホイール、54石ベアリング、28,800振動/時、60時間駆動です。 . 自動巻きムーブメント9300を搭載したオメガのクロノグラフの外観は、文字盤の3時と9時(カレンダーは6時)の2眼のクロノグラフダイヤルが特徴で、3時のクロノグラフは、12時間計と60分計を一つのダイヤルで行うものです。 これは、キャリバー9300の特徴です。

オメガ スピードマスター57に採用されている自動巻きクロノグラフ・キャリバー9300。

現在のオメガのメインムーブメントは、8シリーズであれ9シリーズであれ、非常に正確な計時を行うことができます。 このスピードマスター57、毎日約4秒ずつ速くなり、満足のいく時計に仕上がっています。 オメガは間違いなく、現在最も計時精度が保証されている時計の一つであり、卓越した性能を備えています。 さらに、8シリーズおよび9シリーズのムーブメントはすべて、オメガの特徴であるアラビアン・スタイルのジュネーブ・ストライプ装飾とブラック仕上げのネジを採用しており、非常に美しいと同時に、一目でそれと分かるデザインになっています。

オメガ 9300 自動巻きクロノグラフ ムーブメント

文字盤の3時位置、12時間積算計と60分積算計の針、そして同軸上に配置されたムーブメントが9300を特徴づけています。

スピードマスター57のスティールブレスレットは、オメガの「トリプルリンク」ブレスレットで、通常のオメガのスティールブレスレットとは外観が若干異なり、「プレートブレスレット」に近いものです。 クラスプはフォールディングクラスプ(両開きバタフライクラスプ)で、やはりクラスプにある2つのバネ式プッシュボタンで開閉するようになっています。 また、「スピードマスター57」は、レザーストラップでの着用も可能です。

オメガ スピードマスター 57」のスティール製ブレスレットに採用されているフォールディング・クラスプ。

このスチールケースの「スピードマスター57」は、公称価格64,300円(レザーストラップ付きは61,800円)です。 スピードマスター57」は、このスチールケースの「ブロードソード」のほか、チタン、インターロッキング・ゴールド、フルゴールドモデルなど、幅広いバリエーションで展開されています。 このスチールケース仕様で6万円以上というのは、市販の主流である自社製ムーブメントのクロノグラフの中では常連価格だ。 新しい自社製キャリバーのポルトギーゼやブライトリング エアロ クロノグラフ B01、ゼニス エルプリメロ クロノグラフなども、6万円前後が中心価格帯となっています。 オメガ スピードマスター57の最大の特徴は、アンティークウォッチのデザインとオメガの最新ムーブメント技術を1つの時計に集約していることです。 スピードマスターコレクションの中でも、非常にユニークな時計です。 ここ2年のスピードマスターの極めて高い人気と合わせて、プレイする価値があると思います。

レースとダイビングの感性を満足させる時計

レースとダイビングの感性を満足させる時計

TUDORはモーターレースの世界とダイビングの世界と長い付き合いがありますが、レースとダイビングの融合はどのようなものでしょうか。 TUDORは、このスチール製のブラックベイクロノでその答えを出しました。 陸から海へ、レーシングとダイビング、ヴィンテージとシック、2つのスタイルを融合させた特別な時計です。 (モデル:M79360N-0001)

スチール製の「ベイサイド クロノグラフ」は、「ベイサイド」コレクションのクラシックな美しさを継承し、レースとダイビングの性能と豊かな伝統を融合させ、コントラストに富んだスモールセコンド クロノグラフダイヤル、優れたダイビング性能、ネオレトロデザインなど、クラフトマンシップ、精密さと信頼性、堅牢性、仕上げの細部に至るまで、その完成度を高めています。

動作中の時計

この時計は、41mmのステンレススティール製ケースに、シルバーでマークされたマットブラックのアルマイト製タキメーターベゼルを備えています。

ケースサイドに配置されたリューズとクロノグラフのプッシャーには、TUDORのローズロゴがレリーフされており、周囲には滑り止めのテクスチャーが施されているので、簡単にグリップすることができます。

ブラックとシルバーの2色仕上げで、大きな文字盤とベゼルはマットブラック、2つの凹んだサブダイヤルはシルバーで、強いコントラストで時刻を読みやすくしています。 文字盤には、3時位置に45分計、9時位置にスモールセコンド、中央にクロノグラフ秒針、6時位置に日付窓を備えています。 時針は、1969年以来TUDORのダイビングウォッチの特徴である「スノーフレーク」針を継承し、ドーム型のダイアルとのコントラストで視認性を確保しています。

針と円形のアワーマーカーには、スイス製スーパールミノバ@グレードAが塗布されており、暗闇でも容易に時刻を読み取ることができます。

また、凹型のサブダイヤルにはスネイルパターンが施され、コントラストを高めています。

ブラッシュ仕上げの316Lスチール製ストラップが、スポーティな印象を際立たせています。

内部には、時・分・秒・クロノグラフ・カレンダー機能を備えたTUDORクロノグラフキャリバーMT5813を搭載し、パワーリザーブは70時間です。 シリコン製ヒゲゼンマイ、コラムホイール、垂直クロノグラフクラッチホイール機構を備えたこのムーブメントは、COSCのクロノメーター認定を受け、優れた性能を発揮しています。

結論として、スチール製の「チュードル ベイ クロノグラフ」は、現代の若者の美意識にぴったりで、スポーティなクロノグラフの純粋な伝統の中で、ヴィンテージとトレンドの絶妙なコンビネーションを実現しているのです。

閃光を放つトゥールビヨン。

閃光を放つトゥールビヨン。

2022年、シャネルは、シャネルの時計クリエイティブスタジオのディレクターであるアルノー・シャスタングトがパリでデザインした新作時計「J12 DiamondTourbillon」を発表し スイスのラ・ショー・ド・フォンにあるシャネル・マニュファクチュールで開発、組み立てられたものです。 それは技術的な創造物であると同時に、シャネルの時計製造の卓越した技術を表現する美的な成果でもあります。

人間の美学を極めたシャネルが、2022年のオートオルロジュリーの新作で大仕掛けを投下した

新しいJ12 DiamondTourbillonは、シャネル初のオートオルロジュリー マニュファクチュール フローティング トゥールビヨン ムーブメントであるキャリバー5を搭載しています。 フローティングトゥールビヨンとは何ですか? 詳しくは後述します。 一見したところ、表も裏も精巧にできており、シャネルのマニュファクチュールムーブメントの唯一の証であるライオンのモチーフがあしらわれています。

1.トゥールビヨンの魔力とは?

トゥールビヨンの魔法は、イーソン・チャンの「Tourbillon」という曲からもわかるように、常に話題の的です。 機械式時計が初等数学に相当するとすれば、トゥールビヨンを搭載した時計は高等数学の領域である。 トゥールビヨンが重力を相殺することは、今日、ほとんどの時計愛好家が知っていることだが、トゥールビヨンの仕組みを本当に理解している人は、目利きとみなされる。

シャネル初の自社製高級時計トゥールビヨン ムーブメント、キャリバー5

トゥールビヨンは、「回転する物体」を意味する音読みと訓読みを組み合わせた言葉で、1801年に誕生し、200年以上の歴史がある。 トゥールビヨンはもともと、時計(当時は主に懐中時計)のムーブメントの心臓部である脱進機を丸ごと包み込み、常に回転させることで重力が時計の精度に与える影響を打ち消す小さな籠として考案された。

これは非常に独創的な発明であり、80以上のパーツからなる非常に華奢なセットによって、非常に小さなスペースで実現したナイフの先でのダンスである。 その設計、加工、研磨、組み立て、調整……すべてが時計職人にとって極限の試練であった。

20世紀に入り、人間の計時手段が懐中時計から腕時計へと徐々に進化していく中で、トゥールビヨンの製作はより困難になっていった。 そして、腕の動きに伴って様々な衝撃を受けるため、トゥールビヨンの耐衝撃性にはより大きな要求がなされるようになった。 この偉大な発明の素晴らしさを一言で説明するのは難しいため、トゥールビヨンは限りない魅力を放ち、2世紀以上にわたって時計界の王冠に輝くダイヤモンドとして開花してきたのです。

2.ダイヤモンドとトゥールビヨン

高級時計市場に数多く存在するトゥールビヨンモデルの中でも、シャネルのJ12ダイヤモンドトゥールビヨンは、究極の視覚的な喜びを与えてくれるモデルです。 トゥールビヨン機構のごく中央には大きなダイヤモンドがあしらわれていますが、このダイヤモンドを細長いトゥールビヨン・キャリッジにセットするのは容易なことではありません。

ここで特別に、ダイヤモンドの魅力とは何なのか? きっと火のせいだ。 ダイヤモンドを鑑賞するとき、その光を目でとらえるために、思わず頭の位置を変えてしまうことがある。 シャネル J12 DiamondTourbillonのダイヤモンドは、まるでダンスをしているかのようにトゥールビヨンとともに踊り、ダイヤモンド自身もファイヤーを見せるなど、見るものを魅了します。 トゥールビヨンのメインストーンのファイアは並外れたもので、通常の「ブリリアントカット」ダイヤモンドではなく、合計65のファセットを持つ特別なカットダイヤモンドが使用されており、唯一無二の存在感を放っています。

なぜ、ダイヤモンドセッティングなのか? なぜなら、ダイヤモンドはマドモアゼル シャネルが最も愛する石だからです(他にはありません)。 世の中の女性の多くは、ダイヤモンドを好んでいるようです。 シャネルのウォッチクリエーションスタジオのディレクターであるアルノー・シャスタントのクリエイティブなこだわりにより、トゥールビヨンはダイヤモンドと完璧に一体化したものでなければなりませんでした。 これは単に精緻なセッティングの芸術性という側面だけではありません。トゥールビヨンの主な機能は、重力に対抗して時計をより正確に動かすことですから、その精度を損なうようなダイヤモンドをセッティングすることはできないのです。 これこそ、夢を実現するための最大の試練です。

キャリバー5は、シャネルが製造するオートオルロジュリーの手巻きフローティングトゥールビヨン・ムーブメントです。 フローティングトゥールビヨンは、従来のトゥールビヨンのように正面から固定された横梁がないため、空中に浮かぶダイヤモンドの空飛ぶ円盤のように見え、幻想的です・・・・・・・。

3.形状・材質

J12は、帆船からインスピレーションを得たシャネルのクラシックウォッチで、初めて時計の芸術性と実用性をこれまでにないレベルに引き上げ、より認知度の高い時計にしました。 何十年もの間、J12は数え切れないほどの人々の憧れの時計であり続けています。 J12が登場する以前は、時計製造の世界はプロフェッショナルウォッチとアーティスティックウォッチという2つの道を平行して進んでいたように思います。 J12の誕生によって、アーティスティックなプロフェッショナルウォッチが本格的に市場に登場し、大きな新市場となったのである。

左:シャネル キャリバー1ムーブメント
右:シャネル キャリバー2 ムーブメント、カメリアの花を表現したスケルトンデザイン
J12のムーブメントも、一歩ずつ着実に進化しています。 4世代の自社製ムーブメント、Caliber1/2/3/3.1が開発され、シャネルの自社製ムーブメントの美的規範が確立されました。 伝統的なスイス製ムーブメントを職人の技で判断するのは難しいですが、シャネルのマニュファクチュールムーブメントは唯一無二の存在です。

左:シャネル キャリバー3ムーブメント
右:シャネル キャリバー3.1ムーブメント
ムーブメントのブリッジは、いくつもの円形の要素で構成されており、精緻な研磨と相まって、宇宙の星の動きを表現しているようです。 星はマドモアゼル シャネルの人生の愛であり、インスピレーションの源だったのです。 芸術性と高品質を兼ね備えた完全自社製ムーブメントを開発することで、シャネルはJ12ウォッチの内外に高いレベルの美しさを与えることができるのです。

J12は、誕生当時は時計業界では一般的でなかった最先端の素材を採用し、時計業界全体に普及させることに貢献した素材です。 数千度の炎の洗礼を受けて生まれたこの宝石は、ダイヤモンドに近い硬度を持ち、耐摩耗性に優れているため、まさにタイムレスな宝石といえます。

4.限定生産、超高級品

シャネル J12DiamondTourbillon, モデル:H7381

一つは、ブラックのファインセラミック製で、ベゼルには34個のバゲットカット ダイヤモンド(約3.50カラット)がセットされており、世界限定55本となっています。

シャネル J12DiamondTourbillon, モデル H7380

もう一つのモデルはマットブラックのファインセラミックで、ベゼルにはマットブラックのバゲットカットのファインセラミックがセットされており、こちらも世界限定55本となっています。 両モデルのトゥールビヨン部分には、49個のラウンドブリリアントダイヤモンド(約0.23カラット)と1個のソリテール(約0.18カラット)がセットされ、まばゆい輝きを放ちます。

シャネルの新しいJ12 DiamondTourbillonは、直径38mmで、男性でも女性でも着用することができます。 オーナー様は、ダイヤモンドの輝きを堪能しながら、高度に複雑な機械式時計が持つ繊細な魅力を堪能することができます。