リシャール・ミルスーパーコピー新品RM 37-01 CERISE自動巻きウォッチ

リシャール・ミルスーパーコピー新品RM 37-01 CERISE自動巻きウォッチ
リシャール・ミルは食の世界を大胆に探求し、時計に新しい外観、色、そして感情的な表現を与えます。フルーツウォッチは、デザートに敬意を表して合計6つの味を持っています。黒のCarboneTPT®とQuartzTPT®のカラーが交互に重なり合って素晴らしいカラーグラデーションを作り出します。コレクションに登場する3,000個の小さなキャンディーの形は、アクリル絵の具とラッカーで手塗りされています。現実的な「砂糖粒」効果を生み出すために、切り粉と砂時計のための超微細砂利が追加されます。 5等級のチタン製トレイの上に置かれた心地よいサッシ、ねじれたロリポップ、おいしいガムまたは花びらの柑橘類。精密な時計部品のように、それぞれのデザートは正確さと精密さで作られています。作った。

時計のデザインと製造は、ムーブメント、ケースと文字盤の統合されたデザインコンセプトを紹介します。 RM37-01 CERISEウォッチのフロントベゼルは、カーボンTPT®カーボンファイバーでできており、独自の仕上げが施されており、何百ものカーボンファイバーを重ね合わせると同時に、ファイバー層間の緯糸を変えることができます。角度

グレード5チタン、厚さ1.20 mmのTitalyt®処理ダイヤル。それぞれのキャンディーはアクリル絵の具で描かれていて手塗りです。砕いた痰と砂時計を使って砂糖の顆粒効果を作り出します。

袖口はグラデーションカーボンCarbonTPT®と緋色のQuartzTPT®が特徴で、ケースの裏側にはエレガントなカラーグラデーションが施されています。 3層ケースには、20グレード5チタン合金スプラインネジと316Lステンレス鋼ワッシャで組み立てられた2つのニトリルゴム製Oリングがあり、耐水性は50メートルです。

特許取得済みのシャンククラウン構造この新しく設計されたクラウンは、ムーブメントの内部に取り付けられている従来のクラウンアタッチメントを使用しないので、ムーブメントの完全性を保証し、それを外部の影響から保護します。このようにして、王冠はほとんど移動することはできませんが、必要に応じて、時計職人はスマートな手でそれを埋め込むか、または取り外すことができます。これは時計の耐久性を保証するだけでなく、ブランド品質概念の典型的な再現も保証します。

12時より下の水平方向のウィンドウには特大の日付表示があり、2つの白い底の中空ディスクで操作されます。

機能セレクターは、機械的革新に対するRICHARD MILLEの情熱を表しています。装着者は、ボタンを押すだけで簡単に巻き取り、ニュートラル、ニードルの機能を選択できます。これは自動車のギアボックスに相当します。 4時位置のディスプレイウィンドウには、選択されている機能が表示されます:W(巻き線) – N(ニュートラル) – H(手動設定)。この独自のギアシステムにより、クラウン下の張力が最小限に抑えられ、それによってクラウン機能とムーブメントとの間に起こり得るいかなる干渉も回避される。

RM37-01 CERISEウォッチのボトムカバーは、カーボンTPT®と同じプロセスで作られていますが、シリコンワイヤーで作られている緋色のクォーツTPT®石英複合繊維材料で作られています。これらのユニークな色は、RICHARD MILLE用にNorth Thin Ply Technology(NTPTTM)によって開発された新しいマトリックス樹脂プロセスによる製造プロセスで使用されています。

CRMA1ムーブメントの可変ジオメトリオートディスクは、着用者の活動の強さに応じてスイングを調整します。 リシャール・ミルスーパーコピー2つのハンマーを正しいギア位置にスライドさせて、スプラインねじで調整します。 2つの振動錘が互いに接近していると、運動の慣性力が高まり、これによりバレルの巻き取りが速くなる。 2つのハンマーが自動ディスクの端部に置かれると、慣性が低下し、バレルの巻き取り速度が遅くなる。

独特な風格、エルメス時計スーパーコピーの全く新しいCapeCodシリーズの腕時計!

独特な風格、エルメス時計スーパーコピーの全く新しいCapeCodシリーズの腕時計!

1モデルのクラシックの作品はきっと人に1つのブランドをしっかり覚えさせて、エルメスに1両のクラシックの作品があるだけではありません。バッグ以外、エルメスの腕時計の作品は同様に持って人の精致な1面に負けないで、それらはクラシックの造型のが絶えず探求するのに対してエルメス一族を記録して、1歳月のつきあいにも沈殿しています。エルメスの全く新しいCapeCodシリーズの腕時計の風格が大胆で、風格が優雅で、精妙な方法を通じて(通って)独特でしなやかで美しい特色が現れます。この大きいサイズの精密な鋼が表してモデルの上で扮する1938年のRobert Dumas設計の“錨の鎖”の図案があって、アイデアを通じて(通って)伝統のために表を作成して独特な魅力を加えます。

エルメスCapeCodシリーズの腕時計は方型の時計の文字盤を長方形のフレームの内でではめ込んで、このは大胆にHenrid’Orignyから1991年に提出を設計します。この腕時計はオリジナルな興味設計と厳格な線の外観が現れて、その前衛設計は時間の洗礼を経験して、最後にすばらしい標識になります。

この腕時計は黒色の漆面の時計の文字盤で、時計の文字盤は錨のチェーングラフ案を採用しました。この図案もエルメスのクラシックの作品の中の一つで、1938年に、エルメス一族の成員のルーマニアとベル・デュマ(RobertDumas)は船の錨と鉄製のチェーン設計の1モデルの真珠や宝石を参考にすると思い付きます。このように、第1モデルの錨の鎖の腕輪は使用して生んで、腕輪は渾然としている日のなるつり合わせるのを持って思って動感を飲んで運びます。いまどきになって、錨の鎖はすでに発展してエルメスの1つの伝統の標識になりました。

時計の文字盤の中の錨のチェーングラフ案は71粒の黒色のスピネルと砂金石を巧みに織りなして繋がります。精密な鋼は表して殻の上で42粒のダイヤモンドVVSランクの高い品質のダイヤモンドを象眼して、非常にまばゆいです。現代設計とオフセットのしるしは更に非常に細いポインターとラインストーンの長方形と小屋を表して持ちつ持たれつで更によくなります。

この腕時計は黒色短吻ワニの皮バンドを採用して、エルメス時計スーパーコピーのバンドの内側はエルメスのクラシックのダイダイ色です。

ロレックススーパーコピーを購入して2番目を探りましょう。あなたは何に注意を払うべきですか?

ロレックススーパーコピーを購入して2番目を探りましょう。あなたは何に注意を払うべきですか?
昨年、私たちはロレックスデイトナとウォーターゴーストについてあまりにも多く話しすぎました。私が以前購入したディ・トンガと水の幽霊ですが、私はディ・トンガと水の幽霊を購入したときにも「投機的」な考え方があると正直に言っていました。 「」実のところ、ロレックスの中で一番長い時間は自分で探ることです。だから、ディと幽霊のこの時代に、私は探検家について話したい、探検し、探検したいです。

ロレックス探偵214270

ロレックスデイトナと水の幽霊と比較して、第二の探査はスポーツ労働の相対的な「小さい」です。ロレックスの市場はスチールディ、ウォーターゴースト、レッドアンドブルーサークル、ブルーブラックサークル、ブルーディスクスカイウォーカーのホットモデルと比較して過去2年間で全面的に上昇していますが、市場も上昇していますが、市場に属します。比較的「合理的」なスポーツでも、割引があるかもしれません。価格はスポーツ労働で非常に高いです。

ロレックス探偵II 216570

2番目のものを探ることはまたロレックスの「背景」を持つテーブルです。

ロレックスのスポーツウォッチ(プロ用ウォッチ)はそれぞれプロの方向性を持っています。あなたが万能ではないのなら、あなたはプロとして自分のことをすることができます。例えば、デイトナはプロのクロノグラフ、ウォーターゴーストはプロのダイビングウォッチ、雷針はプロの磁気テーブル、そしてグリニッジはプロのGMT時刻表です。ロレックスの探検家のプロの方向性は、山に登ることや洞窟に入ることなど、アドベンチャーです – ロレックスは、登山に関連する時計の歴史を探ります。

1953年に、ロレックススーパーコピーの前身である登山者の手首が身に着けている時計に注意を払って、エベレストを登った。

発見の起源は、1953年に、ヒラリーとノーゲイの登山者がエベレストに登った、というのは初めてのことです。登山者は、ロレックスからエベレストへの登山中にロレックスから時計を着用しましたが、これはロレックスエクスプローラーシリーズの前身で、ロレックスエクスプローラーが最初に誕生しました。エベレスト山を見てください。 2つ目の原因は、1971年に登山者が(現在はインドネシアで)ニューギニア雪山に登る準備をしていたこと、そしてロレックスが登山者のためにExplorer IIウォッチを提供したことです。その時、ロレックスは1655年、探査の第一世代を提供しました。

この山はロレックスの最初の世代が登った新しいギニアスノーマウンテンです。

1つを探索し、2つを探索する状況を見てみましょう。

最初のものはロレックスのスポーツウォッチの中で最も単純なものです。追加機能なし、カレンダーなし。唯一の時、分、秒針、最も基本的な時間機能。探検は登山から開発されたプロの腕時計であることを考えると、登山は機能を必要としません。それが強くて丈夫である限り、それは大きい夜の光を持っていて読みやすいです。プレート上の3、6、および9時間のマーカーを探索することが探査の最大の特徴です。現在、市場には2つの主要な流通タイプがあります。1つは新しいもの、もう1つは古いものです。新しいモデルに関係なく、39mmのプローブ番号は214270です。ロレックスは、新しいプローブの発売時に番号を変更しませんでした。したがって、プローブを購入するための最も重要なことは、新旧を区別することです。新旧を区別する方法は非常に簡単で、新旧には2つの違いがあります。

ロレックスの旧モデルは214270(on)、ロレックスの新プローブは214270(下記)を探索し、369とポインターの違いに注意を払います。

3、6、9時間のマークの1、39ミリメートルの新しい探査は、明るい言葉です、明るいです; 3、6、9時間のマークを探検する39ミリメートルの古いモデルは、金属の言葉ではなく、明るいです。

2. 39mmの新しいプローブの時針と分針は大きくて分厚く、分針の長さは長く、39mmの新しい針の時針と分針は短くて細く、分針の長さは短くなっています。

ロレックススーパーコピー39mmプローブ214270が新旧モデルの原因となるのは、前世代の114270が36mmで、39mm 214270にアップグレードした後、最初のケースサイズが39になっただけです。ポインタを変更しませんでした。後になって、私はその比率が特に良くないことを知り、そしてより長くそしてより太いポインタを変更しました。今店が販売している、新しい太い針、発光369の探査ですが、流通市場で多くの古い細かい針金369の探査があります、あなたは区別するために注意を払うべきです。

2019年ジュネーブ展:スイスのスーパーコピー時計と精神

2019年ジュネーブ展:スイスのスーパーコピー時計と精神
外の世界から見て、スイスの2つの主要な時計展は2018年を通して否定的な情報でいっぱいでした。

例えば、スウォッチグループはバーゼルのショーからのその全体的な撤退を発表しました;オーデマピゲとリチャードミルはまた2019年が彼らの最後のジュネーブ時計ショー(SIHH)であると宣言しました;影響の少ない他の産業がありました。 Kunlun、Raymond Weilなどのブランドもバーゼルを去ることを決定しました。

オーデマピゲの最後のSIHH大きな動きは、コード11.59シリーズをリリースしました

2018年末に、2つの主要展示会が常に敏感になってきましたが、ここ数年で互いに協力し、次の5年間で時間を調整することを発表しました。

2020年4月末にはジュネーブ、5月上旬にはバーゼルが続いたが、中国、ブラジル、米国およびその他の地域のディーラーおよびメディアにとっては、海を渡って行ったり来たりする旅行を減らすことができる。

私達が1月14日にジュネーブ展覧会の現場にいたとき、疑問はすぐに消えた。 2018年が「小さな年」であれば、2019年はすぐに「大きな年」になり、ブランドはテクノロジーのピークに挑戦し始め、長期的な開発を目指して研究開発に多大な投資をしました。

オーデマピゲは再びジュエリーインレイに挑戦します。

2018年を振り返ってみると、多くのブランドは少数の時計しか発売しておらず、それらはすべて比較的「販売に良い」タイプであり、将来について心配しています。一目でリスクの恐れがあります。

当時は、Richemontグループの各ブランドの高度な調整であり、多くのブランドがCEOの空室にあったか、スーパーコピー時計CEOが就任したばかりでした。今日、ブランドはすでにエネルギーに満ちています。

今年の観客の焦点は、Vacheron ConstantinとJaeger-LeCoultreの2つの非常に複雑な時計で、スイスの高級時計製造のトップレベルを代表しています。

1つは「ヴァシュロン・コンスタンタンのツインビートダブルコアパーペチュアルカレンダーウォッチのシリーズ」、もう1つは「Jiaicaの最高のトラディショナルマスターシリーズボールタイプのトゥールビヨンウェストミンスターベルミュージックパーペチュアルカレンダーウォッチ」です。その名前は複雑です。

ヴァシュロンコンスタンタンのシリーズのツインビートダブルコアレートパーペチュアルカレンダーウォッチ

ヴァシュロン・コンスタンタンのこの作品は、日本の江戸時代の「タイミングのない」タイミング規則に触発されたもので、高頻度のアクティブと低頻度の待機を持つ2組の異なるバランスシステムを備えています。待機モードでは、少なくとも65日間の電力を維持できます。これは、優れた時計製造技術にこだわっているコレクターにとって非常に重要です。

Jaeger-LeCoultreは、立体的なトゥールビヨン、教会音楽の3つの質問、便利な調整永久カレンダーを組み合わせたもので、直径43 mm、厚さ14 mmの従来のケースに1,000個以上の部品が収納されています。特許取得済みのクリスタルリード共鳴システムを介して広がる刻まれたクロックボーカル音楽は、マイクロマシニングの最高の領域を示して、楽しくてはっきりしています。

ジャガールクルトクラシックマスターシリーズボールトゥールビヨンウェストミンスターベルミュージックパーペチュアルカレンダー

ブランドは、差別化と個性が独自の利点を見出すことができることを明確に認識していますが、ほぼすべてのブランドが高い評価を得ていますが、同じ問題はジュネーブにはありません。

たとえば、筆記具、皮革製品、スーパーコピー時計などの製品ラインを擁するMontblancは、このブランドの魅力的なMinervaウォッチファクトリーとブランド全体に統合され、新しいコレクションはすべてMeinhuaの長い歴史を受け継いでいます。

今年ロレックススーパーコピーの5玉の鎖は一大の傾向ですか?

今年ロレックススーパーコピーの5玉の鎖は一大の傾向ですか?
流行する潮流として、腕時計は性能以外、それらの外形設計は多くの人が重視したので、さすがに人、とても典型的な視覚の動物で、男と美人が好きで、女はイケメンの1つの道理(が好きで、私はイケメン)が好きです。表を作成する界の全局面を左右する表を作成するブランドとして、ロレックスの盛んな程度、きっと多くの人が深夜の時買えないあるモデルを見ていて日がため息をつきを表彰する時、深く体得することができます。ロレックスについて、私の言うのはそれのすばらしい造型だけではなくて、軽視してはいけない一部分、時計の鎖がまだあります。

ロレックスの元首の時計の鎖とカキ式の時計の鎖

異なる型番のロレックスの使う時計の鎖が異なって、これもちょうど異なる時計の1つのとても重要な標識を区分するで、1人当たりの審美をさらに加えるのが異なって、間接的にあなたになって腕時計の1つの重要な原因に入るかどうか。

普通は、ロレックスのよくあったのは全部で4種類の異なる時計の鎖があります:カキ式の時計の鎖、元首の時計の鎖、PEARLMASTER腕時計のバンドおよび紀念型時計の鎖、5玉の鎖もといいます。

先にみんなの比較的よく知っているカキ式の時計の鎖を言います。カキ式は鎖長のこの形を表して、見ることができて、時計の鎖は寛大にして、少し弧度のからくりの骨がある3格があって、ロレックスのとてもすばらしい設計で、たくさん友達を表してカキ式の腕時計のバンドが見たところ比較的男の丈夫な息に適合すると言います。ロレックスのカキ式の時計の鎖の全部で経験する3世代、絶えず改善して、私達の今よくあるこの形になって、でも第3世代のカキ式の時計の鎖は最も始まる時、からくりの骨は使ったのが空腹でで、その後替えたのが誠実で、価格も変化が発生しました。

それから私達は元首の時計の鎖を見てみに来ます。元首の時計の鎖も3格のからくりの骨で、しかしからくりの骨は半分環状ので、カキ式の時計の鎖とまた同じではない感覚です。1956年の時に、ロレックスは日曜日に型(Day―Date)の腕時計を経過するのを出して、の元首の時計の鎖で、その上この時計の鎖はずっとそのまま用いて今日まで着きました。

元首型時計の鎖が普通はDD表すモデルに用いるのが上あるいは日誌型の貴金属のレディースの上で。でもロレックスはそれから元首の時計の鎖の上で、以前をからくりの骨の鋼軸につないで陶磁器軸に替えて、みんなはすべて知っていて、鋼の軸用が長くなって摩耗して、陶磁器軸に替えた後にみごとにこの問題を解決して、時計の鎖はすぐできませんでした“崩れる”。

5格の環状のからくりの骨PEARLMASTER時計の鎖は言わないで、さすがに比較的見分けやすくて、女性が表す中に用います。

今日言う重点は紀念型時計の鎖で、あるいは5玉の鎖といいます。

ロレックスの第1匹の日誌型はモデルを表します

1945年の時に、ロレックススーパーコピーの第1匹の日誌型はモデルを表して世間に現れて、5玉の鎖はこの時計のモデルのために正に設計するで、実は容易に発見して、ロレックスの細部での調整の上にとても考えがあって、時計の鎖のからくりの骨を増加して減らして、大いに変わって小さく時計の鎖の様式を変えに来るように変わって、しかし依然としてロレックスの味を満たしています。5玉の鎖、5格のからくりの骨を配合して、中間の3つのからくりの骨は比較的小さくて、両側の比較的寛大なのの。