タグ: スーパーコピー

スーパーコピー自信を持って女性はエイミーロングJingyaシリーズ氏右の最も美しいテムズです

スーパーコピー自信を持って女性はエイミーロングJingyaシリーズ氏右の最も美しいテムズです
Amyronは、女性用時計のデザインをより多くの要素に取り入れてカラフルなスタイルを提示することに熱心ですが、どのデザインスタイルが女性の無限の魅力を解放することに関係なく。 2018年のバーゼル展で、Amyronは新しい時代の女性に新しいMr. Rightウォッチを紹介しました。新しい女性の優雅さと自信、そして洗練された洗練されたMs. Rightウォッチを完璧に組み合わせたものです。女性の優しさと自信と自立を示します。今日は一緒に楽しんでみましょう。 (ウォッチモデル:60.2183.L.6.D.28.2)
北部には、比類のない独立した美しい人々がいます
この時計では「独立」という言葉が使われています。ライト氏は新世紀の女性らしさを見ており、世界から独立しており、優しさと無邪気さの本質を欠いていないこれらの要素を捉えて、ファッションのトレンドに追いつき、女性の優雅さを示すことができる本当の側面を作り出します。
ステンレススチール製のケースは、女性用時計の円形カーブのデザインスタイルを変え、ダイヤモンドをはめ込んだベゼルテクノロジーを採用した、アミロンの新しいレディースウォッチの「独立」デザインスタイルに準拠したスクエアウォッチデザインを採用しています。新しい時代と新しいアイデアの高貴な女性気質。
白くて無邪気な文字盤デザインは純粋な女性らしさを象徴しており、マットな質感が全体的な視覚効果にデザイン感を与えていることがわかります。 3、6、9、12ポイントはシンプルなアラビア数字で、残りはタイムスタンプデザインで、シンプルでクリアなデザインスタイルはエレガントでエレガント、6時のスモールセコンドは正方形の美学を使用しています。デザインに触発され、それは時計の全体的な正方形のデザインを補完します。最も目立つのは、青の薄い柳形のデザインです、女性の柔らかい気質は完全に解放されています、そしてそれは着用者にとってはっきりと読むのは簡単です。
この時計のラグのデザインは、AmylonのDNAエーロフォイルデザインのスタイルを使用して非常に巧妙で、女性の繊細で女性らしくエレガントな面を強調しています。時計製造の芸術を維持するために、Amy Longは伝統的な象徴的なデザインのいくつかを新しい現代的なオリジナルデザインに注入します。そして、新しいシリーズを使ってそのブランドの伝統的な発展を築きます。
ケース側面の凸状の溝は微妙なデザインの上層と下層で設計されており、それぞれの層はサンドブラストと研磨が施されています。ステンレススチールの表面は滑り止めの質感でデザインされていますので、着用者がはっきりと見やすくなります象眼細工の青いスワロフスキークリスタルと青いポインターは互いに向き合っています。
黒のストラップと白の時計は完璧に一致している、黒と白がはっきりと洗練されている、カーフスキンストラップは快適な、Amyronの英語のロゴで印刷されたスチールピンバックルで、詳細は並外れたデザインプロセスを示しています。
ネジで固定されたスチール製のボトムカバーはスイス製のクォーツムーブメントを装備しており、スーパーコピープロ仕様で測定されており、防水性は30メートルです。

ブライトリングスーパーコピーの手を携えるサーフィン手行動チーム、スーパー海洋の文化のシリーズの限定版の腕時計を厳かに出します

ブライトリングスーパーコピーの手を携えるサーフィン手行動チーム、スーパー海洋の文化のシリーズの限定版の腕時計を厳かに出します
ブライトリングのスーパー海洋の文化のシリーズの“海洋が保育してに力を合わせる”の限定版の腕時計(SuperoceanHeritage Ocean Conservancy LimitedEdition)はバリ島で厳かに発売します。注目するブライトリングのサーフィン手行動チームの成員のケリー・斯雷特(KellySlater)、史蒂芬ni・Gillを受けて(StephanieGilmore)とSurrey・菲茨邦(SallyFitzgibbons)が発表会に出席しありません。ブライトリングと海洋はまた(まだ)共同で1度の純の浜を共同経営して行動を挙げるのに力を合わせるのを保育して、これが1制限するのを祝う、000の時間単位の計算の腕時計のは出します。

2019年5月10日、ブライトリングは1モデルの限定版の腕時計を厳かに出して、ブランドが海洋と保育してできる重要な協力のパートナー関係に力を合わせるのを紀念する。双方のバリ島で共同主催した新型の発表会は純の浜の行動する一部分で、このイベントは100人のブライトリングの高貴な客と数百人のバリ島と周辺部からの志願者にその中に参与するように引きつけて、現地の砂浜のために数百キログラムのごみとプラスチックを一掃しました。

ブライトリングのサーフィン手行動チームの成員、米国からの有名なサーフィンの手のケリー・斯雷特(KellySlater)と2人のオーストラリアのスポーツ選手のSurrey・菲茨邦(SallyFitzgibbons)と史蒂芬ni・Gillは(StephanieGilmore)が皆純の浜のために行動して一個人の力に貢献しないをの含んで、共に行動チームの初任務を完成しました。ケリー・斯雷特(KellySlater)は有史以来最もみごとなサーフィンのスポーツ選手を称することができて、彼は表します:“私はずっと砂浜が私達の事務室に相当すると思います。私達はここにあっておよび、世界各地の砂浜と海洋所の会う光景目にしてはらはらして、私の代表のサーフィン手行動チームはブライトリングが海洋と保育して排斥のプラスチックの汚染の方面でするたゆまぬ努力に力を合わせるのに感謝します。私達の1人当たりはすべて貢献更に清潔な環境になります――私たち自身、ために子孫後裔のため。”清潔な環境は貢献します――私たち自身、ために子孫後裔のため。”

ブライトリングと海洋は共同で挙げて純の浜の行動する_2.jpgを共同経営するのに力を合わせるのを保育します

ブライトリングと海洋は共同で挙げて純の浜の行動する_5.jpgを共同経営するのに力を合わせるのを保育します

敬意を表して協力しますパートナー関係

ブライトリングのスーパー海洋の文化のシリーズの“海洋が保育してに力を合わせる”の限定版の腕時計(SuperoceanHeritage Ocean Conservancy LimitedEdition)は祝賀ブライトリングと海洋のために保育してできる協力のパートナー関係に力を合わせるのなだけではなくて、双方に対して共に海洋の生態の健康で清潔な砂浜のの敬意を表したのを守って行いに力を尽くすです。ブライトリングは積極的に海洋に参与していて保育してできる純の浜計画に力を合わせて、海洋の健康を保護する、維持してごみの海洋環境がありません。

ブライトリングスーパーコピーの最高経営責任者のジョージ・コーエン(GeorgesKern)はブライトリングが海洋に保育してできる重要性に力を合わせるように支持するのを強調して、だからこの機関の使命に対して計画する認知を保育するのと全世界を高めるのを望みます。彼は表します:“バリ島純の浜が行動して私達と海洋が保育してできる協力のパートナー関係に力を合わせるのを強調しました。第1モデルが協力でのを表して出しに従って、私達は双方のために協力して及び多い全地球性プロジェクト1つの意義が大きい目撃証言を加えることができるのを望みます。私は海洋が保育して力を合わせる、全体の志願者とブライトリングのサーフィン手行動チームができるのに感謝して、彼らが今回のイベント大いにようやく得ることに成功することができるためです。”

独特な風格、エルメス時計スーパーコピーの全く新しいCapeCodシリーズの腕時計!

独特な風格、エルメス時計スーパーコピーの全く新しいCapeCodシリーズの腕時計!

1モデルのクラシックの作品はきっと人に1つのブランドをしっかり覚えさせて、エルメスに1両のクラシックの作品があるだけではありません。バッグ以外、エルメスの腕時計の作品は同様に持って人の精致な1面に負けないで、それらはクラシックの造型のが絶えず探求するのに対してエルメス一族を記録して、1歳月のつきあいにも沈殿しています。エルメスの全く新しいCapeCodシリーズの腕時計の風格が大胆で、風格が優雅で、精妙な方法を通じて(通って)独特でしなやかで美しい特色が現れます。この大きいサイズの精密な鋼が表してモデルの上で扮する1938年のRobert Dumas設計の“錨の鎖”の図案があって、アイデアを通じて(通って)伝統のために表を作成して独特な魅力を加えます。

エルメスCapeCodシリーズの腕時計は方型の時計の文字盤を長方形のフレームの内でではめ込んで、このは大胆にHenrid’Orignyから1991年に提出を設計します。この腕時計はオリジナルな興味設計と厳格な線の外観が現れて、その前衛設計は時間の洗礼を経験して、最後にすばらしい標識になります。

この腕時計は黒色の漆面の時計の文字盤で、時計の文字盤は錨のチェーングラフ案を採用しました。この図案もエルメスのクラシックの作品の中の一つで、1938年に、エルメス一族の成員のルーマニアとベル・デュマ(RobertDumas)は船の錨と鉄製のチェーン設計の1モデルの真珠や宝石を参考にすると思い付きます。このように、第1モデルの錨の鎖の腕輪は使用して生んで、腕輪は渾然としている日のなるつり合わせるのを持って思って動感を飲んで運びます。いまどきになって、錨の鎖はすでに発展してエルメスの1つの伝統の標識になりました。

時計の文字盤の中の錨のチェーングラフ案は71粒の黒色のスピネルと砂金石を巧みに織りなして繋がります。精密な鋼は表して殻の上で42粒のダイヤモンドVVSランクの高い品質のダイヤモンドを象眼して、非常にまばゆいです。現代設計とオフセットのしるしは更に非常に細いポインターとラインストーンの長方形と小屋を表して持ちつ持たれつで更によくなります。

この腕時計は黒色短吻ワニの皮バンドを採用して、エルメス時計スーパーコピーのバンドの内側はエルメスのクラシックのダイダイ色です。

2019年ジュネーブ展:スイスのスーパーコピー時計と精神

2019年ジュネーブ展:スイスのスーパーコピー時計と精神
外の世界から見て、スイスの2つの主要な時計展は2018年を通して否定的な情報でいっぱいでした。

例えば、スウォッチグループはバーゼルのショーからのその全体的な撤退を発表しました;オーデマピゲとリチャードミルはまた2019年が彼らの最後のジュネーブ時計ショー(SIHH)であると宣言しました;影響の少ない他の産業がありました。 Kunlun、Raymond Weilなどのブランドもバーゼルを去ることを決定しました。

オーデマピゲの最後のSIHH大きな動きは、コード11.59シリーズをリリースしました

2018年末に、2つの主要展示会が常に敏感になってきましたが、ここ数年で互いに協力し、次の5年間で時間を調整することを発表しました。

2020年4月末にはジュネーブ、5月上旬にはバーゼルが続いたが、中国、ブラジル、米国およびその他の地域のディーラーおよびメディアにとっては、海を渡って行ったり来たりする旅行を減らすことができる。

私達が1月14日にジュネーブ展覧会の現場にいたとき、疑問はすぐに消えた。 2018年が「小さな年」であれば、2019年はすぐに「大きな年」になり、ブランドはテクノロジーのピークに挑戦し始め、長期的な開発を目指して研究開発に多大な投資をしました。

オーデマピゲは再びジュエリーインレイに挑戦します。

2018年を振り返ってみると、多くのブランドは少数の時計しか発売しておらず、それらはすべて比較的「販売に良い」タイプであり、将来について心配しています。一目でリスクの恐れがあります。

当時は、Richemontグループの各ブランドの高度な調整であり、多くのブランドがCEOの空室にあったか、スーパーコピー時計CEOが就任したばかりでした。今日、ブランドはすでにエネルギーに満ちています。

今年の観客の焦点は、Vacheron ConstantinとJaeger-LeCoultreの2つの非常に複雑な時計で、スイスの高級時計製造のトップレベルを代表しています。

1つは「ヴァシュロン・コンスタンタンのツインビートダブルコアパーペチュアルカレンダーウォッチのシリーズ」、もう1つは「Jiaicaの最高のトラディショナルマスターシリーズボールタイプのトゥールビヨンウェストミンスターベルミュージックパーペチュアルカレンダーウォッチ」です。その名前は複雑です。

ヴァシュロンコンスタンタンのシリーズのツインビートダブルコアレートパーペチュアルカレンダーウォッチ

ヴァシュロン・コンスタンタンのこの作品は、日本の江戸時代の「タイミングのない」タイミング規則に触発されたもので、高頻度のアクティブと低頻度の待機を持つ2組の異なるバランスシステムを備えています。待機モードでは、少なくとも65日間の電力を維持できます。これは、優れた時計製造技術にこだわっているコレクターにとって非常に重要です。

Jaeger-LeCoultreは、立体的なトゥールビヨン、教会音楽の3つの質問、便利な調整永久カレンダーを組み合わせたもので、直径43 mm、厚さ14 mmの従来のケースに1,000個以上の部品が収納されています。特許取得済みのクリスタルリード共鳴システムを介して広がる刻まれたクロックボーカル音楽は、マイクロマシニングの最高の領域を示して、楽しくてはっきりしています。

ジャガールクルトクラシックマスターシリーズボールトゥールビヨンウェストミンスターベルミュージックパーペチュアルカレンダー

ブランドは、差別化と個性が独自の利点を見出すことができることを明確に認識していますが、ほぼすべてのブランドが高い評価を得ていますが、同じ問題はジュネーブにはありません。

たとえば、筆記具、皮革製品、スーパーコピー時計などの製品ラインを擁するMontblancは、このブランドの魅力的なMinervaウォッチファクトリーとブランド全体に統合され、新しいコレクションはすべてMeinhuaの長い歴史を受け継いでいます。

今年ロレックススーパーコピーの5玉の鎖は一大の傾向ですか?

今年ロレックススーパーコピーの5玉の鎖は一大の傾向ですか?
流行する潮流として、腕時計は性能以外、それらの外形設計は多くの人が重視したので、さすがに人、とても典型的な視覚の動物で、男と美人が好きで、女はイケメンの1つの道理(が好きで、私はイケメン)が好きです。表を作成する界の全局面を左右する表を作成するブランドとして、ロレックスの盛んな程度、きっと多くの人が深夜の時買えないあるモデルを見ていて日がため息をつきを表彰する時、深く体得することができます。ロレックスについて、私の言うのはそれのすばらしい造型だけではなくて、軽視してはいけない一部分、時計の鎖がまだあります。

ロレックスの元首の時計の鎖とカキ式の時計の鎖

異なる型番のロレックスの使う時計の鎖が異なって、これもちょうど異なる時計の1つのとても重要な標識を区分するで、1人当たりの審美をさらに加えるのが異なって、間接的にあなたになって腕時計の1つの重要な原因に入るかどうか。

普通は、ロレックスのよくあったのは全部で4種類の異なる時計の鎖があります:カキ式の時計の鎖、元首の時計の鎖、PEARLMASTER腕時計のバンドおよび紀念型時計の鎖、5玉の鎖もといいます。

先にみんなの比較的よく知っているカキ式の時計の鎖を言います。カキ式は鎖長のこの形を表して、見ることができて、時計の鎖は寛大にして、少し弧度のからくりの骨がある3格があって、ロレックスのとてもすばらしい設計で、たくさん友達を表してカキ式の腕時計のバンドが見たところ比較的男の丈夫な息に適合すると言います。ロレックスのカキ式の時計の鎖の全部で経験する3世代、絶えず改善して、私達の今よくあるこの形になって、でも第3世代のカキ式の時計の鎖は最も始まる時、からくりの骨は使ったのが空腹でで、その後替えたのが誠実で、価格も変化が発生しました。

それから私達は元首の時計の鎖を見てみに来ます。元首の時計の鎖も3格のからくりの骨で、しかしからくりの骨は半分環状ので、カキ式の時計の鎖とまた同じではない感覚です。1956年の時に、ロレックスは日曜日に型(Day―Date)の腕時計を経過するのを出して、の元首の時計の鎖で、その上この時計の鎖はずっとそのまま用いて今日まで着きました。

元首型時計の鎖が普通はDD表すモデルに用いるのが上あるいは日誌型の貴金属のレディースの上で。でもロレックスはそれから元首の時計の鎖の上で、以前をからくりの骨の鋼軸につないで陶磁器軸に替えて、みんなはすべて知っていて、鋼の軸用が長くなって摩耗して、陶磁器軸に替えた後にみごとにこの問題を解決して、時計の鎖はすぐできませんでした“崩れる”。

5格の環状のからくりの骨PEARLMASTER時計の鎖は言わないで、さすがに比較的見分けやすくて、女性が表す中に用います。

今日言う重点は紀念型時計の鎖で、あるいは5玉の鎖といいます。

ロレックスの第1匹の日誌型はモデルを表します

1945年の時に、ロレックススーパーコピーの第1匹の日誌型はモデルを表して世間に現れて、5玉の鎖はこの時計のモデルのために正に設計するで、実は容易に発見して、ロレックスの細部での調整の上にとても考えがあって、時計の鎖のからくりの骨を増加して減らして、大いに変わって小さく時計の鎖の様式を変えに来るように変わって、しかし依然としてロレックスの味を満たしています。5玉の鎖、5格のからくりの骨を配合して、中間の3つのからくりの骨は比較的小さくて、両側の比較的寛大なのの。