カテゴリー: スーパーコピー

【BOVET】RÉCITAL 22 GRAND RÉCITAL 詩的な時計製作物語の第3章

【BOVET】RÉCITAL 22 GRAND RÉCITAL 詩的な時計製作物語の第3章

太陽、地球、月、3つの天体を観察し、人類の生活のペースを設定する詩的な時計製作物語の3部作、ついに完結。

RÉCITAL 22 GRAND RÉCITAL リサイタル22 グランドリサイタル トゥールビヨン。太陽、地球、月、3つの天体を観察し、人類の生活のペースを設定する詩的な時計製作物語の3部作、ついに完結。

RÉCITAL 22 GRAND RÉCITAL
リサイタル22 グランドリサイタル トゥールビヨン。

 ボヴェは2016年、上下の厚みが非対称の形状で意匠登録されたケースに自社製ムーブメントを組み合わせることで、時計デザインに衝撃を与えた「リサイタル 18 シューティングスター トゥールビヨン」を発表し、コレクターたちを感嘆させました。その一年後には、リサイタル18の革新的ケースや独創的な構造、天文学的情報の直感的な表示方法を採り入れた「リサイタル20 アステリウム」を製作し、天体を表現した驚くべき時計を再び世に送り出しました。

 宇宙に際限が無いのと同様に、ボヴェのオーナーであるパスカル・ラフィ氏のイマジネーションは果てしなく広がり、それは最も新しい形として天体3部作に現れています。リサイタル22 グランドリサイタル トゥールビヨンは、2年前にパスカル・ラフィ氏とボヴェの職人によって始まった、詩的な時計製作物語の第3章を形成しています。こうして完結した3部作は、太陽、地球、月という人類の生活のペースを設定する3つの天体を観察するよう、私たちを招きます。

 壮大な天体劇場さながらの今作は、テルリウム・オーラリー、つまり地球を中心とした太陽系儀というコンセプトで表現されています。フライング・トゥールビヨンは太陽を象徴し、そのブリッジは燃えるような太陽光線を彷彿とさせます。印象的な半球状の地球は自らの軸を中心に回転し、24時間サイクルで時間を表示します。さらに球状の月は、実際の朔望周期(29.53日)に沿って地球の周りを回ります。

太陽の輝きを強調させるために、トゥールビヨンのキャリッジは、ムーブメント表面より高い位置に設置されています。トゥールビヨン機構の独創的な構造は、この時計の優れた計時精度を実現する中央の固定部分によって特徴づけられる一方で、無比の透明性も同時に作り出しています。チタニウム製のトゥールビヨン・ブリッジを成す5本のアームは、調速機構を取り囲んでいます。またこの立体的な太陽の描写は、時計の天体的装飾の骨組みとなっているブリッジの5本のアームに施された、職人の手による美しい面取り仕上げを際立たせています。60秒間に一回転するトゥールビヨンは、キャリッジホイールに直接取り付けられた針が20秒分の目盛が刻まれたセクターを運行しながら、秒を表示します。

 リサイタル22では、表面をエングレーブした後にハンドペイントで地図を描いた半球で地球を表現しています。海や山、砂漠、森は、極めて緻密に描かれています。半球状の表面に装飾を施す苦労は、発光性物質をミニアチュールペインティングに採り入れると言う2017年にボヴェが採用を始めた手法を用いることで、より一層増しています。こうすることで、暗所で光を放つように地球はハイライトされ、宇宙から見た実際の地球の姿のようです。職人による作業は細心の注意を払って進められ、複数層連続して透明のラッカーを地球の表面に塗布した後、最後に磨き上げられます。より写実的な描写となるよう、職人は地球の表面に雲や気流も表現しています。ラッカーで作られた厚い層の上からこれらを描くことで、地殻との隔たりが生まれ、まるで雲が空中に浮かんでいるかのような効果が得られます。現実に忠実に、地球は24時間かけて反時計回りに一回転します。半球の裾野部分には24時間表示用の目盛が振られ、トゥールビヨンと半球の間に設置された、ポリッシュ仕上げの立体的なチタニウム製の針が時間を指し示します。

これら半球の製作に注ぎ込まれた職人技と芸術的技能の次元は、60本のみ限定生産されるこの時計の一本一本が、ユニークピースに値することを物語っています。しかしパスカル・ラフィ氏は、コレクターたちにさらなる価値を提供したいと考えました。そこで、彼は半球上の世界地図の方位を時計のオーナーが選択できるようにしたのです。その結果、正午時にオーナーの好みの場所が、地球と太陽を結ぶ軸上に来るようになりました。このようなカスタマイゼーションに対応できるということは、コレクターの特別リクエストを受けてから初めて、タイムピースにムーブメントが組み込まれることを意味します。このカスタマイゼーションは、地球を囲むリングの黒と白の配色によって、世界のどの部分が現在夜間であるかを知ることも可能にしています。時表示のために末広がりになっているこの凸状の円形の表示機構は、それを製造するために不可欠なマイクロメカニクス分野における熟練した技術を体現していると言えます。

 地球の天然衛星である月は、実際の朔望周期と同じ29.53日をかけて、地球の周りを一周する球体で表現されています。地球と同心配置された外側のリング上にも見られる、月と月齢表示を司る高精度機構とは、122年に一度のみ1日分の誤差が生じる機構です。月の球体は、黒と白の2つのパーツに分かれており、白い部分には月の表面の質感を表現したエングレービングが施されています。エングレービングされた半分には発光物質があしらわれ、太陽光が月のどの部分を直接照らしているかが明確にわかるようになっています。このように珍しい組み合わせの表示は、グランドリサイタルのムーブメントが取得している5つの特許の一つとなっています。

この天体劇場にさらなるハーモニーをもたらすために、地球を模して半球を切り取ったような凸状で扇型のレトログラード式分表示とパワーリザーブ表示が、両脇に配置されています。それぞれの表示の中央にセットされたサファイアガラスは、その下部にある機構を拡大して見せることで、ケース内の限られた空間を実際よりも広く感じさせています。

 最後に、トゥールビヨン・キャリッジの左側には丸い開口部があります。それを囲む金属製のベゼルにも拡大ガラスが取り付けられ、ムーブメントの底の方で回転するガラス製ディスク上にプリントされた日付の数字を読み取ることができます。また日付表示窓の内枠には、固形の発光物質を機械で直接加工して作ったリングが配されており、日付表示が強調されています。パワーリザーブ表示機構の歯車も同様の素材で作られ、日付窓との対称性が生み出されています。

 しかしながら、パスカル・ラフィ氏とボヴェの技術部門がこのタイムピース全体に注ぎ込んだ創意工夫を存分に味わうためには、全ての角度からこの時計を観察しなければなりません。時計を裏返してみると、たっぷりとしたサファイアクリスタル越しに、トゥールビヨンの軸を中心としたサーキュラー・コート・ドゥ・ジュネーヴ装飾があしらわれた巨大なブリッジが現れます。そこには、時間や曜日、月、閏年表示、そして日付表示のガラス製ディスクのための様々な開口部が設けられており、日付のディスクはムーブメントの両面で可視化されています。複数に及ぶこれら表示情報の組み合わせは、機械でできた頭脳のように協調しながら機能し、永久カレンダー機構を司っています。ムーブメントの両面に表示情報を分散させるというボヴェの時計職人たちによる巧みな決定は、それぞれの表示や時刻の視認性、そしてすべてのテルリウム機能を最適な精度で実現しています。

 グランドリサイタルのために特別に設計および開発された永久カレンダー機構には、特許取得を果たした両面表示の日付ディスクを含む、溢れんばかりの革新的機能が備わっています。この機構の駆動は、特許取得済みのマイクロメートル単位のラックが組み込まれたレトログラードのメカニズムによるもので、最適な動作と省スペース化の両点で優れています。鉱物結晶素材の慣性と結びつくことで日付ディスクに作用する急加速力および急減速力の存在が、ディスクが逆行する際のエネルギーを消散することのできる調速機構の輪列を開発するきっかけを、時計職人たちに与えました。実用的な複雑機構に価値を強く見出すと同時に、コレクターたちにとっての利便性を第一に考えるパスカル・ラフィ氏は、マニュファクチュールの技術部門に、永久カレンダー全体の調整方法を簡潔にできる構造を設計するよう注文しました。メゾンの技術士たちが打ち出した解決策は特許取得を果たし、言うまでも無く多くのコレクターたちを満足させることでしょう。各表示を個別に調整する従来のコレクターに加え、彼らは上部ラグの間に、時計の持つ機能を一斉に調整することのできるプッシュボタンを設計および開発しました。その結果、例えば時計が6日間止まっている状態だった場合、このプッシュボタンを6回押すだけで、永久カレンダーおよびテルリウム機能を同時に調整することができるようになりました。

 技術的特徴として、472個のコンポーネントで構成されるこの複雑なキャリバーは、シングルバレルながら9日間の動力を確保しています。ロングパワーリザーブのスペシャリストとして名高いボヴェの時計師たちは、キャリバーの動力自立性を向上させたい場合はエネルギーを追加するよりも、節約することの方が重要であることを理解しています。
彼らの成功の秘密は、伝統的な職人技による製造方法を体系的に選択していることでしょう。歯切り工具を用いた歯車や伝統的手法で磨き上げられたピボット、あらゆる部品に施された完璧な仕上げと言った、数多くのディテールが一体となることで、ボヴェのマニュファクチュール・ムーブメントが体現する卓越性の礎を成しています。

 このキャリバーの調速機構には、両面フライング・トゥールビヨンが採用されています。特許を取得しているこの機構は、レバーアームの接着点を大幅に縮小することで巧妙に質量を分配させる構造で、計時性能が向上しています。
緩急針が不在のスプラングテンプと脱進機は、トゥールビヨンの中央の固定部分の両側に別々に配置されるという変則的なレイアウトで、ムーブメントとの接着部分がほぼ見えなくなるため、より高い審美性に貢献しています。一方で、ボヴェの工房内で製造されたヒゲゼンマイを組み込んだ可変慣性テンプは、毎時18,000回振動し、高い精度を確保しています。

 ライティングスロープからデザインの想を得たこの時計のケースは直径46mmで、その形状はムーブメントの構造と密接に関係しています。この独創的なアーキテクチャは、パスカル・ラフィ氏とボヴェの時計職人たちによって考案された、時刻表示の3次元的解釈というコンセプトに新たな境地を開くものです。レッドゴールドまたはプラチナ製ケースで作られるリサイタル22 グランドリサイタルは、ボヴェの慣例に則って、製造されるムーブメントの数に合わせて、限定モデルとして発表されます。つまり、最終的な仕様の如何を問わず、ボヴェの工房から出荷されるグランドリサイタルは60本のみということです。

 パスカル・ラフィ氏が構想する高級機械式時計の基本的価値は、熟練した技術と優れた計時精度、装飾芸術、そして伝統的な製造手法との調和から生まれるカスタマイゼーションと深く結びついています。メゾンによって新たな高みへ引き上げられたこれらの価値は、調和とともにそれぞれが組み合わさり、最も崇高かつ詩的な時の表現をコレクターたちに提供します。その真価はボヴェの天体3部作の作品を通して証明されており、シリーズを完成させる最新作のリサイタル22 グランドリサイタルによって、最高潮に達しています。

Récital 22 Grand Récital
リサイタル22 グランドリサイタル
9デイ フライング・トゥールビヨン
テルリウム・オーラリー、レトログラード式永久カレンダー

技術仕様

Ref: R220001
Ref: R220001

Ref: R220002
Ref: R220002

機能
時(24時間表示)、レトログラード式分表示、両面フライング・トゥールビヨン上の秒表示、高精度ムーンフェイズ表示、レトログラード式の両面日付表示、パワーリザーブ表示、レトログラード式永久カレンダー(裏面)

特許
両面フライング・トゥールビヨン – レトログラード機構に組み込まれたマイクロメートル単位のラック
月の動きに関連する情報の表示機構を備えたムーブメント – 複数のメカニズムを同時に作動させるコントロール機構を備えたムーブメント
ムーブメントの両面において同時に情報を表示するインディケーターを備えたムーブメント

ケース
タイプディミエ
ケース径46.30 mm
厚さ19.60 mm
素材18Kレッドゴールド 又は 950/1000 プラチナ
防水性30 m

ムーブメント
キャリバー17DM03-TEL
巻上機械式手巻き
直径17’’’
直径18,000 振動/時
パワーリザーブ9日間
トゥールビヨン1分間、両面フライング・トゥールビヨン

ストラップ
素材フルグレイン・アリゲーター
バックル18Kレッド 又は ホワイトゴールド

第21回 三越ワールドウォッチフェア
会期:8月15日(水)~8月27日(月)
会場:〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
日本橋三越本店 本館7階 催物会場
TEL:03-3241-3311
営業時間:午前10時~午後7時(※最終日は午後6時終了)

【お問い合せ】
BOVET/ボヴェ(DKSH ジャパン)
TEL:03-5441-4515

スチールケース、47mm、パネライの “真骨頂”

スチールケース、47mm、パネライの “真骨頂”

夏になると、パネライの話をしたくなります。 夏場は時計が大きくて目立ちます。

パネライは、この数年で新作の発表が頻繁になり、大きく変化したと感じています。 もちろんこれはパネライだけでなく、いまやほとんどの時計ブランドがそうです。

パネライ 423

だから、今のパネライの勝負の仕方は、以前とは本当に違うとも感じています。 初期のパネライは種類が少なく(当時は自社製ムーブメントがなかった)、「四天王」が人気で、パネライを買う基準は47歳、スチールケース、金針、青針などだったと記憶しています。 今のパネライは、大きいのから小さいのまで、太いのから細いのまで、あらゆる自社製ムーブメントがあり、昔ほど「決まり」や「格言」がないので、自分が気に入ればOKです。

パネライ 423

時計遊びを始めた頃に触れ始めたブランドとして、私も長年にわたってパネライの時計を何本か買ってきました。 長年にわたり、パネライの新作時計の大部分がサイズダウンし始め、44と42が大半を占めているにもかかわらず、である。 しかし、私のパネライに対する審美眼は初期の頃と変わらないので、この423についてお話させてください。

パネライ 424 “カリフォルニアフェイス”

パネライ 423

パネライの47ラージサイズは、カリフォルニア顔の424とこの423の2本を購入しましたが、424はブリッジのないラディオミールケース、423はブリッジのあるルミノアケースです。 認知度という点では、断然ブライドルの方が上です。 ブリッジ付きのルミノールは、初期にはLUMINORとLUMINOR1950という2つのブランチに分かれていましたが(ケースサイドが違うので、深く見れば423はLUMINOR1950)、現在では簡略化のため、そうした微妙な区分はなくなり、まとめてLUMINORと呼ばれるようになったのです。

バブルミラーを採用した「パネライ423」は、クリスタルに球状の凸部を設けています。

47歳と、特大の時計です。 でも本当は、細い人も好きなように着ればいいんです。 47パネライは比較的厚みがあり、特に423はケースだけでなくバブルレンズもあるため、さらに厚みが増しています。 423の特徴であるバブルミラーは、ベゼルから突出した球状のミラーが湾曲しているのが特徴です。 ヴィンテージウォッチに多く見られるバブルレンズ。 バブルミラーを搭載したパネライは、とても歴史的なモデルで美しいです。 また、サイズが大きく厚みがあるため、非常にぶつけやすいので、大きめの腕時計を着用し、十分に注意してください。

ケースとバブルレンズを装着した423は、決して小さな厚みではありません。

かつてパネライで遊んでいた多くの人たちの美意識によれば、423の文字盤は「本物」ではない。 かつて、カリフォルニアフェイスの424、トルピード425、372と同じように、パネライの2本針が最もオーセンティックだという言葉があった。 この議論には真実がある。 ヴィンテージウォッチという観点から見ると、歴史上最も古いパネライは2針時計である。47mmで2針、これはパネライの歴史的モデルの姿に最も近いものである。

文字盤の9時位置にスモールセコンド、4時位置にパワーインジケーターを配した「パネライ423」。

423は、時・分・スモールセコンドに加え、パワーリザーブインジケーターを備えたゴールドの針です。 423は手巻き時計なので、パワーインジケーターがあるのは非常に便利です。 423にはパワーインジケーターがあり、同じマニュアルの前作カリフォルニァ424にはパワーインジケーターがなかったので、とても重宝しています。 また、パネライ423の文字盤は、夜光塗料を文字盤の下に配置したサンドイッチ文字盤で、文字盤のアワーマーカー(数字とバー)はくり抜かれており、くり抜いた部分から放射される夜光塗料の緑の光は夜間に非常に明るく輝きます。 さらに、時計の針、スモールセコンド針、パワーインジケーター針には、すべてグリーンの夜光塗料が塗布されています。

パネライ 423 ダイヤル

423は、パネライが大型モデルに採用しているP3000シリーズの手巻きムーブメント、特にP3002を搭載しています。 ムーブメントはケース全体を埋め尽くすほどの大きさです。毎時21,600振動のP3000シリーズムーブメントは、ダブルバレルで3日間のパワー(72時間)を備えています。 P3002の特徴のひとつに、ゼロ秒ストップ機能があります。 ブリッジガードを開け、リューズを引き出すと、スモールセコンド針が自動的に0位置に戻り、正確な計時を可能にします。 各時計メーカーが製造するムーブメントを含め、一般に市販されているムーブメントには、ストップセコンド機能を搭載しているものは非常に少ない。 従来のムーブメントの中でも、ストップセコンドがゼロに戻るというのは、非常にテクニカルな機能です。

パネライ423は、P3000シリーズ(P3002)の手巻きムーブメントを採用しています。

P3000シリーズのムーブメントは、装飾的なポリッシュという意味では、パネライらしいスタイルで、大きなブリッジと大きなブラシ部分があり、開放感があり、パネライにとてもよく合っていると思います。 下部のブリッジには魚の鱗のような装飾が施されています。 ブリッジは面取り仕上げになっています。 計時に関しては、この423は非常に正確で、誤差は2秒程度です。 私が個人的に購入したパネライは、どれも良い時間を刻んでくれました。 また、現在、パネライのすべての時計は、手巻きから自動巻きまで幅広い自社製ムーブメントを搭載しています。 自動は主にP9000/9010シリーズ、P4000シリーズ、手動は主にP3000シリーズ、P5000シリーズ、P2000シリーズ、P6000シリーズです。 (これらに加え、少数の自動巻きムーブメントはリシュモングループ内で共有されており、一般的には自社生産の一部と考えられています)。

パネライのムーブメントは、ポリッシュ仕上げで装飾が施されており、それ自体が非常にわかりやすい。

パネライのストラップでは、トリック遊びが好きな人が多いんです。 一番印象に残っているのは、LVのバッグを分解して、LVオールドフラワーのストラップを作った時で、一見するとすごくいい感じだったんです。 その後、時計のストラップだけでなく、古いLVのバッグを解体して、携帯電話のケースやペンダント、ヘアカードなどを作っていて、とても興味深かったです。 私は新鮮に見えますが、個人的にはあまり追求せず、元の時計にどんなストラップ、どんなストラップ、普通のテープ、ベルトでもOKでしょう。

パネライ423、ストラップ付きもあり、テープ付きもあり。

パネライ423、公開価格70,300円。パネライ424、425、372これらの手動2針モデルに比べて、公開価格は少し高いです(割引、為替レート、二次市場やその他の要因は、個人の事情を参照してください)。 また、423の方がスモールセコンドやパワー表示、ゼロヨン停止などの機能が追加されており、少し複雑になっていることが主な理由です。 正直なところ、日常的に使う時計としては、おなじみの1359、1312、977、978のように、自動巻きでカレンダー付き、44mmや42mmのPeの方が、国内の選手には適していると思うのです。 423、424など47mmの手巻きモデルは、ヴィンテージパネライの「魅力」がより強く、スチールケースの47は、パネライの歴史的な「素顔」に近いと言えるでしょう。

前衛的で個性的なハイパワー・クロノグラフ。

前衛的で個性的なハイパワー・クロノグラフ。

ここ数年、時計業界では「グリーン」カラーの時計が急速に勢いを増しており、時計ブランドも「カラー」に力を入れ始め、スタイリッシュでトレンディなカラーウォッチを数多く発表しています。 かつては、貴族の専用シェードとして使われることが多かった。 そして今、最も頻度の高い色合い(これを超えると紫外線で肉眼では見えなくなる)として、スイスの時計メーカーZENITHは、このユニークな色調と高周波クロノグラフを組み合わせ、個性豊かな紫色の高周波クロノグラフ、DEFY21ULTRAVIOLを世に送り出したのです。 DEFY21ULTRAVIOLETは、非常に高速な周波数と「華やかな」パープルカラーで、他のカラーウォッチと一線を画しています。 (モデル: 97.9001.9004/80.R922)

バックトランスペアレントケースバック

紫色といえば、ゼニスは単にカラーダイヤルを発表しているのではなく、この伝説的なムーブメント、エルプリメロ9004自動巻きキャリバーにこのユニークなカラースキームを適用し、裏側から見ると、この卓越したムーブメントのブリッジ、ローター、その他のパーツをほぼすべて搭載しているのである。 これは時計製造では珍しく、大胆な機能であり、視覚的な効果も見事なものです。 ゼニスは、革新的なクロノグラフムーブメント「デフィエ・プリメロ21」を、肉眼で最もよく見える「パープル」カラーに合わせました。これにより、このパープルウォッチには、1/100秒の精度と50Hzの振動数を持つ超「高速」クロノグラフムーブメントが搭載されていると一目で分かるようになっています。 このパープル・ウォッチには、1/100秒の精度と50Hzの周波数を持つ超「高速」クロノグラフ・ムーブメントが搭載されています。

正面から見ると、この紫色のムーブメントがスケルトンの文字盤の中に見え、時計の神秘性を高めています。 クロノグラフのプッシュボタンを押すと、クロノグラフ針が1秒間に1回転し、この精度は市販のクロノグラフの中でも最高レベルです。 また、「DEFY21 ULTRAVIOLET」は2つの脱進機を搭載し、互いに干渉することなく時間を刻むことができ、完全に巻き上げた状態では50時間のパワーリザーブを実現しています。

一方、この「DEFY21ULTRAVIOLET」は、DEFY21では数少ないスケルトン文字盤とクローズドカウンターの単品販売です。 パープルのムーブメントが躍動感と若々しさを演出し、見え隠れする繊細なデザインに仕上がっています。

12時位置にクロノグラフのパワーリザーブ表示

ロジウムメッキのインデックスと針にはスーパールミノバ®SLNC1が使用され、夜間でも鮮明な読み取りを可能にします。

素材構成では、ゼニスはこの時計にフルマットサンドブラスト仕上げのチタンケースを装着し、控えめな視覚的魅力と非常に良い質感を生み出しています。 ケース径は44mmですが、レトロでシックなアワビケース風のデザインで、多くの人にマッチするサイズです。

パープルのムーブメントに加え、ゼニスはこのモデルにパープルのファブリックストラップを装着し、モデル全体のミステリアスなパープルの雰囲気を際立たせています。 ストラップは、マイクロブラスト加工されたチタン製のダブルフォールディングクラスプで保護されています。

結論:昨今、時計愛好家の中には、日常的に使用する従来の時計の単調なデザインに満足できず、高価格帯の時計を求める一方で、その内部構成が相対的に弱くなることを心配する人が増えています。 しかし、このゼニスの「デファイ21 ウルトラバイオレット」は、1/100秒という極めて高速な計時精度でクロノグラフの分野をリードしながら、クールな個性を求めるニーズに応えているのである。

新しい」IWCクラシック・ブルーハンド「ポルトギーゼ」をご紹介します。

新しい」IWCクラシック・ブルーハンド「ポルトギーゼ」をご紹介します。

1995年の誕生以来、IWCシャフハウゼンの「ポルトギーゼ」コレクションは、そのクラシックで型破りなデザインにより、あらゆる世代の人々から愛されてきました。 今年、IWCは再び「ポルトギーゼ」コレクションに新しいクロノグラフを加えました。 新しい「ポルトギーゼ」クロノグラフは、クラシックなデザインの伝統を受け継ぎながら、内部は汎用ムーブメントからIWC独自のムーブメントに変更され、アップデートされています。 以下、その時計を見てみましょう。 (モデル: IW371605)

この新しいポルトギーゼ・クロノグラフの最も大きな変更点は、内部のムーブメントです。 新しい「ポルトギーゼ」は、分・秒カウンター、ストップウォッチ機能付きスモールセコンド針、新しい両方向回転式爪巻上げ機構、従来のユニバーサル・ムーブメントのカムの代わりにコラムホイールを備えたIWC自社製ムーブメント69355を搭載し、その技術特性をさらに高めています。 ムーブメントの振動数は毎時28,800振動で、完全に巻き上げた状態では約46時間のパワーリザーブを備えています。

内部のムーブメントに加え、新しい「ポルトギーゼ・クロノグラフ」は外観が若干変更されています。 直径41mm、厚さ13mmと、従来モデルよりも文字板を広くして時刻を読みやすくしていますが、人気のリストウィークの需要に合わせたサイズとなっています。

両面無反射コーティングのコンベックスサファイアガラス

ホワイトシルバーの文字盤には、洗練されたブルーのアラビア数字、「6時」「12時」位置の2つの凹型の積算計、細身のリーフ型ブルー針、そして文字盤の外周リングには1/4秒の目盛りが付いており、正確な時刻表示を実現するとともに、シックなエレガンスをデザインに添えています。 また、文字板の外周には、正確な時刻を表示するクォーターセコンドマーカーを配置し、デザインにシックなエレガンスを添えています。

スチールケースの側面に大きなサテン仕上げを施し、丈夫で堅牢なスポーティさを表現するとともに、手首の曲線にフィットするよう滑らかにカーブしたラグを採用しています。

側面に2つのクロノグラフプッシャー、中央にスチール製リューズ

ブルーのアリゲーターレザーストラップは、ブルーの針とマッチして、紳士的なエレガンスを演出しています。

結論:今年の新作「ポルトギーゼ・クロノグラフ」は、これまでのモデルよりも若干高価ですが、自社製ムーブメントの使用や時代を超えたクラシックなデザインは、本来持っているものだと思います。

上質なダイビングウォッチをご紹介します。

上質なダイビングウォッチをご紹介します。

ダイビングウォッチは、近年最も人気のあるスポーツウォッチコレクションと言っても過言ではありません。 時計愛好家の多くは、ハードコアなダイビングのニーズはないものの、それでも、素晴らしい外観と優れた耐久性を備えたプロフェッショナルな時計を楽しむことができます。そこで、今日はエントリークラスのダイビングウォッチを3つ紹介しますので、一緒に見ていきましょう。

シトロエン・ダイビング・エレメンツ C032.407.11.051.10
型番: C032.407.11.051.10
直径:43mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:ETA Powermatic 80
ケース素材:サテン仕上げの316Lスチール、ベゼルはスーパールミノバ®マーカー付きブラックアルマイト製
防水性能:300メートル
レビュー:シトロエン・キネティック・タートルダイバーはもともと知名度が高いが、この特別仕様のSTCタートルダイバーは、ウミガメの保護という意義から特に注目されている。 316Lスチール製、サテン仕上げのケース、直径43mm、ブラックアルマイトの逆回転防止ダイビングスケールベゼルを装備しています。 ブラックの文字盤には、3時位置に日付表示窓、中央の秒針にはウミガメ保護団体のオフィシャルカラーであるネイビーブルーを採用しています。 針とインデックス、そしてダイビングクロノグラフスケールには夜光塗料が塗布され、暗い場所でもはっきりと視認することができます。 パワーリザーブ80時間の自動巻きムーブメント「Powermatic 80」を搭載し、300m防水、プロフェッショナルダイバーズウォッチのISO6425認証に適合しています。 シトロエンDSの特徴であるダブルセーフテクノロジーと組み合わせることで、安心感のある堅牢な時計に仕上がっています。 ブレスレットには収納式のフォールディングクラスプを採用し、ダイビングスーツの上から時計を着用する場合や、ブレスレットの長さを少し増やしたい場合など、実用的で便利な仕様になっています。 また、このシトロエンのカメ用ダイビングウォッチシリーズは、着用シーンに合わせて、文字盤の色や素材が選べるようになっています。

ミドー パイロッツウォッチ M026.830.11.051.00
型番: M026.830.11.051.00
直径:40.50mm
ケース厚:13.43mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:キャリバー80
ケース素材:ステンレススチール、ブラックポリッシュアルミニウムリング付き逆回転防止ベゼル
防水性能:200メートル
コメント:パイロット・ウォッチ・コレクションの75周年を記念して、昨年9月、1960年代のダイバーズウォッチの美的特徴を再解釈し、現代の時計製造技術を結集した新作「パイロット・ウォッチ “75th Anniversary” ロングラン自動巻機械式腕時計」を発表しました。 ケースは316Lスチール製で、直径40.5mm、厚さ13.43mm、ブラックポリッシュ仕上げのアルミニウム製リングが付いた逆回転防止ベゼルを備えています。 ブラックの文字盤には、3時位置にデイデイト表示、中央に印象的なオレンジの秒針を配し、少し黄ばんだ質感のロングアプライドインデックスで、文字盤のヴィンテージ感を強調しています。 針のアワーマーカーと外側のダイビングリングのトライアングルロゴには、夜光塗料が塗布され、視認性を確保しています。 ケースはエアタイトバックで、ケースバックにはヒトデのロゴが刻印されています。 ETA C07.621ムーブメントをベースにした自動巻き機械式ムーブメント、キャリバー80を搭載し、ミドを搭載しています。 ムーブメントは25石、毎時21,600振動、80時間のパワーリザーブ、200m防水を備えています。 この時計には、快適な装着感を実現するユニークなマルチビーズのスチール製ブレスレットが付属していますが、ミドーでは、簡単に交換できるブラックのレザーストラップも用意しています。

ティソ スポーツ T1204071104101
型番:T1204071104101
直径:43mm
ケース厚:12.7mm
ムーブメント:自動巻き
ケース素材:316Lスチール
防水性能:300m
コメント:写真の時計は、ティソのスターフィッシュダイバー1000シリーズの機械式ムーブメント搭載モデルで、ケースは316Lスチール製、直径43mm、厚さ12.7mmの大きさです。 ブルーのダイビングスケールを備えた回転ベゼルを採用し、ダイビングスケールのアワーマーカーには読みやすい大きなアラビア数字を配しています。 ダークブルーの文字盤にはサンバーストパターンが施され、6時位置に円形の日付窓があり、針とインデックスには夜光塗料が塗布されています。 裏蓋はシースルーで、ブランドロゴと波のモチーフが刻まれた自動巻きトゥールビヨンは、80時間のパワーリザーブと300m防水を備えた自動巻きムーブメント、POWERMATIC 80.811を搭載しています。 この時計には、ダイビングスーツの上からでも簡単に装着できるエクステンションシステム付きのスチール製ブレスレットが装着されていますが、ティソは肌にやさしく、より多様な装着に対応できるよう柔らかいナイロン製ストラップも用意しています。